姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】ネタバレ/弟の精液と母乳まみれになる姉の身体が勃起不可避ww

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】ですが
やはり相変わらずエロいですねww

姉はヤンママ授乳中in実家、in熱海の中で
見どころを言えばやはりエロ過ぎる姉貴の身体が
弟の精液と、自らの母乳まみれになるところではないでしょうか?ww

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 今しか飲めないから!と姉貴に懇願してみた結果・・・w

子供を寝かしつけてリビングに戻ってきたお姉ちゃんと2人っきりに。最初はお酒で乾杯をし日常的な会話したり姉弟との会話を甘えながら繰り返し、少しお酒も回っていたタイミングで「母乳ってさどんな味がするの?」と聞いてみる。姉は最初は「バカじゃないの?」と笑いながら受け流すもしつこく「今しか飲めないんだし、少しだけお願い」と頼み込み。根負けした姉が「少しだけだからね。」と言い服を脱ぐ、と弟はありがとうと言い姉の胸にしゃぶりつく。

初めは母乳を少し飲むだけのつもりであったが次第に我慢ができなくなりそのまま姉の乳首を責め始める。
「あっ…」と吐息が漏れる姉に弟はヒートアップもう我慢することはできない。姉の胸を執拗に責める。「ダメ…」と姉が言うも全く抵抗する気配はないそのまま、胸を舐めながらそのまま弟の腕は姉の下半身へすでにかなり濡れていた…そのまま姉を押し倒す下着を脱がす。弟の下半身はもうかなり元気になっている。押し倒した姉にその勢いで挿入。最終的には姉の胸付近に射精。姉の身体は弟の精液と母乳まみれ状態になっていた。

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 姉貴の母乳ジミがついたブラジャーでシコる変態弟・・・w

洗濯する前の母乳のシミのついたブラジャーの匂いを嗅ぎながらオ◯ナニーしまくる。そして、下着の中で白い液体を発射させて、姉にそのままブラジャーを着けてもらいたい。その姿を眺めてみたい。想像するだけで興奮してきます。そして、お風呂に一緒に入って体じゅうを洗いっこ。

もちろん、愛撫で。あのむちむちした体を舐め回したい。ち◯こも姉の口でお掃除して欲しいな〜。フィニィシュは口の中でゴックン。たまらん!禁断の情事であることは、頭の中では理解しているが、体は正直です。想像するだけでいけない妄想が広がっていきます。

あの少しだらしなくなった豊満な肉体に。
「俺は変態なのか」と自問自答してしまいます。

でも、考えれば考えるほど、ち◯こがカッチコチになります。我慢汁が流れてきます。
もう変態でもなんでもいい!とにかく犯したい。姉をメチャクチャにしたい。

姉が寝ている寝室に忍び込んで、キスをし舌を絡め、顔じゅう唾液だらけにしたい。
嫌がる姉のあそこに手を伸ばし、弄りながら、おっぱいをむしゃぶりまくり、母乳を飲みたい。

そして、顔で浴びたい。初めは嫌がっていた姉も感じてきたところで、はちきれそうになったち◯こを姉のあそこに挿入。
姉は「あん。いい〜。旦那よりいい〜」と言わせ、最後はおっぱいに発射。滴り落ちた母乳と精液が混じり合い、姉のあそこもぐちょぐちょ。姉の体に絡み合った液体の中に顔を埋めて匂いを嗅ぎなら、おっぱい吸いたい。

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 姉貴のお風呂を覗いてたのがバレてしまったが・・・

久しぶりに見た姉のグラマラスな体が衝撃的でその後もずっと脳裏から離れなかった僕は、
さらに姉の裸体を見たい、という衝動を抑えきれず夜お風呂を除くことにした。我が家の浴室にはすりガラスの窓がある。

姉が風呂に入る直前に少しだけ窓を開けておいた。
午後8時。ちょうど長男と一緒に姉が風呂に入っている時間、
コンビニに行ってくると言って家を出た僕はそのまま裏手に回って浴室の窓を見に行った。

季節は夏。田舎だし誰も入ってこない、ということで浴室の窓が開いていることがあってもこれまで特に疑問に思ったこともなく、
姉も気がついていないようだった。まだ小さい長男と一緒にお風呂に入っていてそれどころではない、ということもあったのかもしれない。

窓の近くから覗くとバレてしまうかもしれない、と思った僕は窓から少し離れたところから遠目で覗いてみた。
でも角度が悪くてどう頑張っても姉の裸体は見えず、不完全燃焼したまま部屋に戻った。

時刻は23時。自室でテレビを見ていた僕は「そろそろ寝るか」と思っていた。その時ドアをノックする音。しばらくしてから姉が入ってきた。「あんたさっき私のお風呂覗いてたでしょ?」とニヤニヤしながら聞く姉。

背中がヒヤっとして心臓がバクバクした。否定しようにも言葉が出てこない。
「あんた気が付いてなかったみたいだけど、こっちからあんたらしき人が見えたんだよね。
もしかしてそうやってよその家のお風呂覗いてないでしょうね?」
僕は首を横に振るのが精いっぱいだった。

「だったらいいけど、それって犯罪だからね」とちょっとにらむ姉。
「わかってるよ・・。」「ん。ならいいや。あんた私の身体に興味あるの?」と図星を突く姉。

「あんた昔からわかりやすいんだよね。私のスカートの中覗いてたこともあったもんね、それに他にも・・・。」と次々と暴露を始める。

僕は、「わかった。もうわかった」と言うのがやっと。
「そんなに興味あるなら見せてあげよっか?どこが見たいの??」といたずらな顔で笑う姉。
姉はもうアラサーなのに、まるで女子高生のようなかわいい仕草だった。

その後姉のおっぱいを見せてもらった。どうやって頼んだか覚えてないけど、気が付いたらおっぱいを夢中で揉んでた。姉もスイッチが入りかけたみたいだったけど、「はい、ここまで。続きはまた今度」とニヤッと笑って部屋を出て行ってしまった。続きはまた今度ってどういう意味だろう?

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 やっぱり姉貴はスケベな身体の通りビッチ姉だった・・・!w

僕は25歳の結婚3年目のまだまだ新婚で夫婦仲も良く毎日楽しく生活しています。
僕には3つ上の姉がいます。姉はまだまだ独り身で世間で言うビッチな女と噂されています。

僕がまだ実家で暮らしていた頃から見るたびに男が変わっていて、
僕には姉ちゃんってモテるなとくらいしか思っていませんでした。

そのときから姉は露出系の服を着ていて犯してくださいと言う服装でした。
まだ高校だった僕に普通に抱きついてほっぺにキスとか当たり前でそのころから姉ですがあそこは反応して隠すのに必死でした。

たまたま実家に帰ることがあってちょうど姉も家にいるから久しぶりにご飯でも誘ってみるとあっさりオッケーでした。
はたから見るとカップル同然の僕らですが、そう思っていると車の中で姉から急に「カップルぽくていいね」と言われて僕もふざけて「可愛い彼女連れてるみたいで周りから羨ましがられるかな」って言うと姉が「可愛いってほんと」って言うから「ほんまに可愛いよ」って返すと姉がいきなり手を繋いできて「あんたみたいな男と付き合いたいわ」と言われなぜか興奮して姉を引き寄せました。

すると姉も何かを察したのか僕の口にキスをして僕も舌を絡ませながら抱きつきました。
そのときには僕のあそこは張り裂けそうなくらい勃起して見かねた姉から一目のつかないとこに車を停めてと言われその道中も僕のあそこを触ってきます。

車を停めた瞬間姉が僕のを咥えてきました。今までで1番のテクニシャンで姉の口の中で果てました。それを一滴残らずごっくんされました。今度はエッチもしよねと言われ男女の関係になったのです。

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 欲求不満の姉に襲われてち〇ぽを食べられたい・・・!w

お盆休みに3つ上の姉が子供を連れて実家に帰郷しました。私も妻と実家に遊びに来ていました。
相変わらずエロい体をした姉です。弟ながら、あの膨よかな体に目がいってしまいます。

いや、女として見てしまいます。母親と姉が「最近旦那と上手くいっていないの」て愚痴っているのを聞いてしまいました。
「姉ちゃん、最近ご無沙汰なのかな」と勘ぐってしまいます。夕食後にお風呂に入ってパンツ1枚で歩き回っていると、
姉のただからぬ視線を感じました。舌をペロッと出して、私の股間を見ているではありませんか。

私はたまらず股間を手で隠しましたが、カチンコチンにち◯こが反応してしまいました。
その晩の夜、急に用が足したくなって、トイレに向かいました。姉達が寝ている部屋から、妙な声が聞こえてきました。覗いてみたら、姉がひとりエッチの真っ最中。「あん、あん、いくぅ〜」とヨガっていました。

子供達は熟睡しています。私は我慢できず、パンパンになったち◯こをシコシコ。
襲い掛かりたくてたまらなかったけど、その日は自分の手の中に発射。その後自分の泊まっている部屋に戻り、妻の横に転がりました。姉のあの光景が頭をよぎって寝つけません。自分のち◯こをまた握ってしまいました。姉ちゃんが突然現れ、寝ている私のち◯こを突然咥え、「こんなに大きくなって、悪い子ね。おいしそう。」と言いながら、口の中で舌を絡めながら激しくしゃぶって欲しいな。
そしてゴックンしてほしい。私のいけない想像は膨らむばかりである。

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 姉貴の授乳しているドスケベおっぱいに我慢できなくなってしまい・・・!

私は小さな頃から姉のことが好きでした。姉は私より2つほど年上で小さな頃からずっと一緒に遊んできました。
小さい頃は単純に遊び相手として好きでしたが、
中学に入ったあたりから女性として意識してしまうようになりました。

そんな姉は結婚をして家を出ましたが、2人目の子供を産んだ後実家に帰省してきました。
姉は以前からスタイルがよかったですが、子供を産んでもそのスタイルは変わらず魅力的な体をしています。

自分が女性として見ていることを知ってか知らずか、姉は目の前で隠す様子もなく授乳をしてきました。
私は目を背けようとしましたが、どうしても意識がそちらにいってしまいます。

そんな姉についに我慢できなくなってしまった私は、家族が誰もいないときに姉に女性として気になっていることを伝えました。そして、上を脱いで見せてくれと頼みました。

授乳の際は堂々と見せているのに、面と向かって頼むと恥ずかしそうにしている感じもまた興奮しました。
自分の押しに負け、姉は上を脱いで見せてくれました。

背徳感もありますが、昔から好きだった姉の裸を拝むことができて最高に嬉しかったです。その後自分は調子に乗り、何度も何度も姉に裸を見せてくれとお願いをするようになりました。

最初は家族が家にいない時しかお願いはしませんでしたが、調子に乗ってくると家に家族がいるときにもお願いするようになりました。特に旦那が同じ家にいるときに見せてもらうのは、背徳感と征服感が合わさって最高の気分でした。

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 眠る姉貴の夫の横で姉貴の中に出す・・・!

姉貴が帰ってきた夜の日にリビングでお酒お一緒に飲み、泥酔の姉貴に抱き着かれる。
少し拒みつつ反抗していると姉貴からふいにキスをされ、ぼくもまんざらではなくなり10分以上の長い長いディープキスをする。そして色々と姉貴の体を触り、疲れた僕はふと我に返り、自分の部屋に戻る。

少し時間が経ってから姉貴が僕の部屋に来て「もう終わり?」といいそのまま服を脱ぎ、合体する。
合体途中に胸をもみ、姉貴の合図で授乳させてもらうんだ。味はしない。

でも温かさを感じ僕は子供に戻ったかのような気持ちになる。
そこに懐かしさと羨ましさを感じひたすら授乳する。

そして中出しはせずに口で飲んでもらう愛のない合体がおわり、
今まで通り姉と弟という関係に戻るだが、その関係は定期的に行われる普段は普通の関係だが姉貴が実家に帰ってきた夜は弟の僕からではなく、姉貴から誘ってくるお互いに駄目だとは思いつつもその夜だけはだれにも止められない親にばれないようにする緊張感がたまらない。

そして気が付いたら僕からも誘っていて、姉貴の家に招かれる。
姉貴、姉貴の夫、僕の三人で食事をし、なにもなくその日は終わろうとしていたが夫と寝ている姉貴に誘われる。

夫の横で姉貴とやるのはさすがにまずいが姉貴は楽しんでいる。僕も楽しみつつ、夫の横で中に出す。姉貴もさすがにまずいと思いつつも僕は笑った人妻である姉貴の夫の横で絶対ばれてはいけない関係を楽しんだことその緊張感がいいんだ。

 

姉はヤンママ授乳中in実家【熱海編】 安全日だからと高を括る姉貴に3回も中出しww

俺が未だに童貞で女に免疫がないのを知ってか知らずか、姉貴は俺の目の前で胸を丸出しにして子供に授乳していた。俺は内心動揺しながら、昔はあんなに大きくなかった姉貴の胸を凝視していた。
すると姉貴が、「あんた、彼女はできたの」と聞いてきたので、「生まれてこのかた彼女なんてできたことない」と答えた。

そしたら姉貴は大笑いして、「じゃあ、あんたまだ童貞なの、ウケる」と言って俺をバカにしてきた。
その夜、子供たちが寝静まった後、俺も寝ようかと思っていたら姉貴が部屋に来て、
「あんたさ、さっき私の胸見てたでしょ。自分の姉貴に欲情したりして、そんなに女に免疫ないようじゃ、彼女なんかできないよ。良かったら私で試してみない」と言ってきた。

「そんなこと、できるわけないだろ」とか言いつつ、この際それもいいかと思ったので、
姉貴が擦り寄ってくるままにベッドの上に押し倒された。

姉貴は手慣れた手つきで俺の服を脱がし、勃起したチンコをさすりつつ、乳首を舐めてきた。
AVでしか見たことのないような光景が目の前に繰り広げられ、頭がクラクラしていた。
「じゃぁ、しゃぶるよ」と言って姉貴は俺のチンコを口に入れた。

あったかい体温を粘膜で感じて一気に興奮が高まった。「ごめん、もう挿れたい」と姉貴に言うと「
えぇ、がっついてるなぁ、さすが童貞だな」と言われてしまったが、姉貴も興奮していたようで上から覆いかぶさってきて、そのまま騎乗位で挿入した。

ゴムもつけずに生で挿入してしまったが、あまりの気持ち良さに何も考えられなくなって、姉貴の胸を揉みしだきながら、姉貴の動きに合わせて腰を動かした。

すぐに限界が来てしまって、そのまま中出しした。「やばい、中出ししちゃったよ」と言うと、
姉貴は「今日は安全日だから大丈夫。それにあんた童貞だから性病の心配もないしね。童貞卒業おめでとう」と言ってきた。

いつもより優しい感じの姉貴に興奮して、また勃起してきた。「もう一回する?」と言われ、その後3回も中出ししてしまった。